車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 車両価額協定特約

     

車両価額協定特約



 特約といっても、自家用で使用されている主な車種などには、車両保険の契約に自動付
 帯
されているのが一般的です。
 簡単に説明すると、車両保険で契約する「1保険期間の愛車の価格」です。車両保険の
 契約時には契約車の協定価額を設定する必要があり、保険金は設定された協定価額に
 基づいて支払われます(全損時には、設定された協定価額が支払われる)。
 ・・・つまり、契約した保険期間であれば、愛車の市場価格がどんなに変化しても協定価
 額の支払いが保証されるという事です(契約時に100万円の協定価額がされていた場合
 、半年後に市場相場が10万円まで急激に下がった場合でも、契約期間中は100万円
 の価値として補償されます)。

  価額の協定方法
   契約する車と、車種や状態などがほぼ同一条件の市場価格を参考に設定されま
   す。要するに、市場価格100万円の車は100万円前後で価額設定され、価額を
   200万円に設定しようとしても市場価格では考えられない価額なので設定出来ま
   せん・・・という事です。

   ちなみに、中古車は相場というものがあっても定額というものは存在しません。
   車両の状態や環境によっては市場平均価格よりも高額な車種もあり、購入価格で
   価額設定しようとしても「相場価格よりも高すぎる!」と却下され、平均相場に修正
   される事もあります。
   しかし、どうしても設定価額に納得がいかない場合には、「購入した中古車の注文
   書」などで購入した車両本体価格を証明すれば価額設定できる場合もあります。
   もし協定価額を下げられそうになっても、あきらめずに設定の交渉をしてみましょ
   う〜(個人売買の場合には難しいかも・・・)。

  付帯が無い場合はあるの?
   商用車や一部の貨物車などは基本的に自動付帯されていません。また、保険会
   社によっては付帯の基準に違いのある場合もあります。
   もし「車両価額協定特約」が付帯されていない場合には、市場相場の価格変動に
   連動して車両価額も変化します(車両保険の契約時に市場価格が100万円の車
   でも、半年後に10万円まで相場が下がってしまえば協定価額も10万円)。

 特約は、同じ名称でも保険会社によって補償内容や適用条件などが同じとは限りません
 。また、似通った名称でも全く異なる特約もありますので、当サイトの内容を参考にされ
 る場合には、必ず各保険会社にて特約付帯の有無や詳細の確認を行って下さい。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.