車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 車両保険の等級知識

     

車両保険の等級知識



 車両保険の等級は一般的な自動車保険と全く同じです。1年間無事故で保険を使わな
 ければ、翌年の等級は1段階上がって割引率が増えていく仕組みです(等級によって割
 引率が変わらない段階もあります)。
 もし事故で保険を使った場合には、翌年の等級が1事故につき3等級ダウンして割引率
 が減る仕組みになっています(等級によれば割増にもなります)。
 例) 現在・10等級 → 翌年・7等級
 かなり昔には、人身・対物事故で保険を使用した場合と、車両保険を使用した場合では
 翌年の等級ダウン数が違っていた頃があったのですが、現在ではどちらも1事故につき
 3等級ダウンとなっています。
 ※ 等級プロテクト系の特約を付帯している場合には、契約期間中の1回目の事故に限
    り、翌年の等級が上がらない「等級据え置き」扱いとなります。

 【注意】
 なお、2012年10月頃から 保険の新制度 ”事故有係数” が導入された影響により、これら基本的な等級知識に加え、事故有係数というモノを加えお考え下さい。 【⇒ 事故有係数についてはこちらサイトにて

 但しこれら新制度につきましては、一応現段階においては 損害保険の統一基準ではないようですので、それら事故有係数の制度適用のない自動車保険の場合には、これまでの等級知識でお考え頂ければと思います。

  翌年の等級、こんな場合には? Q&A
   .現在、対人・対物の自動車保険に入っています。今年の更新時には車両保険
     を追加しようかと考えていますが、車両保険だけ「0」からのスタートですか?
   .現契約の自動車保険の等級と同じ等級になります(車両保険は現契約に追加
     する付帯補償です。別々の保険契約ではありません)。

   .車同士の事故で、対人・対物保険と同時に車両保険を使った場合には?
   .同じ1事故であれば3等級ダウンです(別々でカウントはされません。対物3+
     車両3=6等級ダウンではありません)。

   .物損事故で、車両保険を使わず対物保険だけを使った場合には?
   .物損事故などで、車両保険を使わずに対物保険だけを使った場合でも3等級
     ダウンです(もちろん車両保険を使っても3等級ダウン)。
     注意) ・・・ 車両保険を使っても使わなくても3等級ダウンなら、ほんの少しの傷
            でも直してもらった方が・・・と考えそうですが、車両保険には免責が
            ある事を忘れずに〜。

  等級の据え置き事故
   車両保険で、限定A特約「かばとたらこ」の対象となる損害・事故は「等級の据え置
   き事故
」となり、次年度の等級が前年度の等級と同じ等級で更新されます。
   例) 現在・10等級 → 翌年・10等級 ・・・ 等級のダウン無し!

 【注意】
 なお、2012年10月頃から、これら ”等級の据え置き事故” に代わり、保険の新制度 ”1等級ダウン事故” を適用開始とする保険会社も増えてきておりますので、もしそれら制度を適用している保険会社の自動車保険に限っては、それら等級ダウンの取扱いが全く異なってきますので、これら予めご了承願います。

   しかし、「いたずら」による損害で傷・ヘコミを伴ういたずらの場合には、等級の据
   え置き事故として扱われずに3等級ダウンの扱いになる場合もありますので要注
   意(保険会社によって判断が異なるようです)。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.