車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 保険の支払い限度額

     

保険の支払い限度額



 自動車保険には保険金の支払い限度額があり、過失割合によって相手から支払われる
 限度額と車両保険によって支払われる限度額に違いがあります。
 決定された限度額を基準にして支払われる保険金は・・・、限度額内で修理が可能な場
 合は修理費用を(分損扱い)、限度額を超えてしまう損傷の場合には限度額が支払われ
 るようになっています(いわゆる全損扱い)。

  相手側からの支払い限度額
   相手側の保険会社から、過失割合などによって支払われる保険金は「時価額」に
   よって限度額の基準が決定されます(もらい事故も含む)。

   この「時価額」というのは、中古車雑誌で見る市場小売価格ではなく、自動車業界
   で流通する相場価格
の事を言います(もっと簡単に説明すると、買取や下取りなど
   で査定してもらった価格が流通相場価格です)。
   つまり、事故によって損害を受けた車両の正常な状態と、ほぼ同等の車両が100
   万円で中古車情報誌に掲載されていたとしても、市場小売価格の100万円が限
   度額の基準になるのではなく、ほぼ同等の車両の時価額(流通相場価格)が限度
   額の基準になるという事です。

  車両保険による支払い限度額
   単独の車両事故や過失割合のある事故でも、車両保険によって支払われる保険
   金は契約時に設定してある「協定価額」が基準になります。
   ※ 参照 ・・・ 「車両協定価額特約(別窓)

   例えば・・・
   車両保険の協定価額が100万円、時価額(流通相場価格)が80万円の車両が、
   過失割合50:50の車対車の全損事故で保険金が支払われる場合、
   相手側の保険会社からは時価額80万円の50%・・・40万円しか支払われないの
   ですが、車両保険の協定価額は100万円ですから、全損時の限度額100万円と
   相手側から支払われる過失割合分の40万円の差額・・・60万円が車両保険から
   支払われるという事です。

   例えば・・・
   上記と同じ価額条件の車両が「100:0」のもらい事故で全損の場合、相手側の保
   険会社からは時価額による支払い限度額・・・80万円が支払われるのですが、車
   両保険を使うことにより、協定価額100万円との差額・・・20万円が車両保険から
   支払われます。
   ※ 保険会社によっては、上記のような「自分に全く過失の無い事故」で、一定の
      条件を満たしていれば、翌年の割引等級が下がらない「ノーカウント事故」とし
      て取扱う特約もあります。

   つまり、車両保険に加入していれば、支払い対象の事故・損害であれば契約時に
   設定した「協定価額」を支払い限度額として保証
されますので、契約期間中にどん
   なに大きな相場の値落ちがあったとしても、値落ちした時価額に影響されず補償
   が受けられる・・・という大きなメリットがあるんですよ〜。

  修理支払限度額
   保険会社によっては、「車両協定価額」とは別に「修理支払限度額」を設定する車
   両保険もあり、「修理支払限度額」を「車両協定価額」よりも低く設定しておけば、
   車両保険の保険料が安くなる
・・・というメリットがあります。但し、修理費用が「車
   両協定価額」よりも低い場合には、「修理支払限度額」以上の修理費用は支払わ
   れませんので要注意(全損の場合は車両協定価額が支払われます)。
   例).車両協定価額100万円、修理支払限度額50万円の設定の場合、修理費用
   が70万円だとしても、修理支払限度額の50万円が支払いの限度となります。

   ちなみに、「修理支払限度額」を「車両協定価額」よりも高く設定しておけば、修理
   費用が「車両協定価額」を超える場合でも、「修理支払限度額」を限度に保険金が
   支払われます。希少な車など、どうしても修理して乗りたい・・・と思う愛車に有効。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.