車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 車両保険は高いの?

     

車両保険は高いの?



 自動車保険に加入されている、もしくは新規加入を予定されている方は、一度くらい車両
 保険の追加を検討された事があると思います。自動車は高価な買い物ですから、もしも
 の時の「愛車の保険」は誰でも欲しいと思うはずです。
 年式の古い車や走行距離の多くなった車、初免の練習用など乗り捨てのつもりで購入し
 た車には車両保険を無理に・・・とは言いませんが、「頑張ってコツコツ貯金して欲しい車
 を買った!」「乗りたい車だったので、ちょっとローンを無理して買った・・・。」という愛車に
 こそ車両保険を考えたい物です。

 しかし現実は、「保険料は高いから加入しない」と考えられているが多く、見積り段階で
 保険料を見ずに「必要なし」と言われるお客様も多くいらっしゃいます。

 本当に車両保険は高いのでしょうか?

 私は車業界で仕事をしているので、確かに「ええ〜?」と思うような保険料見積りを何度
 か見たこともあります。しかし、保険商品や保険料の競争が激しくなる昨今、保険会社に
 とってリスクの高い条件だと考えられるようなユーザーは高額になる一方ですが、リスク
 の低いユーザーに対しては保険料を抑える傾向にあります。

 車両料率によるリスクは車が変われば違いますし(グレードによっても)、保険商品は常
 に細かく改善・改訂されていて、前年と全く同じ条件でも前年と全く同じ保険料とは限らな
 い時代です。保険内容や割引特約をもう一度考え直してみたり、同じ条件で他の保険会
 社と見積り比較するのも良い方法だと思います。
 ひょっとすれば、車両保険は思っていたよりも身近な保険かもしれませんよ〜。

  車種によって金額が変わる
   車両保険の保険料は車種によって違います。つまり、同一人物が同条件の自動
   車保険で、市場価格も同じくらいのスポーツカーAとファミリーカーBに車両保険を
   かけた場合、スポーツカーAの保険料が高額で、ファミリーカーBの保険料の方が
   割安・・・という事もあります。
   ※ 一例です。ファミリーカーよりもスポーツカーの保険料が高いというわけではあ
      りません。

   これは車両の料率の違いによるもので、統計的に事故率が多く、保険会社にとっ
   てリスクの高い車種ほど保険料が高い料率に設定されていて、事故率が低く、リ
   スクの低い車種ほど保険料の安い料率に設定されているからです。
   ※ 実際の設定には、事故率だけでなく色々なデーターを基に算出されます。

   つまり、知人や友人から「車両保険が○万円だったよ〜高いね〜」と聞いていても
   、自分の愛車が同じ保険料とは限りませんよ〜。

  保険の補償内容、リスクによる保険料
   現在の自動車保険は「リスク細分化」が主流になっています。
   もちろん車両保険も、被保険者と対象車両が保険会社にとってリスクの低い条件
   であれば保険料は安くなります。リスクに対する保険料は各保険会社によって独
   自に算出されますので、保険の補償や特約内容、契約者や契約車両の条件によ
   っても保険料は変わります。

   保険会社が違えば同じ車でも保険料は違いますから、一度は見積りされて検討し
   てみましょう〜。

  等級によっても随分変わります
   1年間を通して無事故で保険の利用が無ければ、翌年の保険の継続時には等級
   が1段階上がって保険料が安くなります。この等級は上がれば上がるほど保険料
   の割引率が高くなり、保険会社にもよりますが、最高で60%くらいの割引率まで上
   昇します(割引率0%の保険料と比較して)。
   等級による割引率は車両保険も同じですから、等級割引率0%で車両保険が10
   万円だとしても、等級割引率が60%であれば車両保険が約4万円という事です。
   ※ 等級によっては前年よりも保険料が安くならない場合や、保険料の改正など
      で前年よりも保険料が高くなる場合もあります。

   以前ならあきらめていた車両保険も、今なら十分に身近な保険になっているかもし
   れませんよ〜。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.