車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 車両保険の補償範囲

     

車両保険の補償範囲



 車両保険は愛車の保険ですが、どのような範囲で補償されるのでしょうか。また補償さ
 れない場合はどういった場合なのでしょうか。

  相手のいない事故
   単独事故とも言います。「壁やガードレールへ突っ込んでしまった・・・」「ハンドル操
   作を誤って崖から転落した・・・」「車庫入れ中にガレージに激突・・・」などは相手の
   いない単独事故に該当します。当て逃げなど相手車両や運転者が分からない場
   合も単独事故になります。
   ※ これらの単独事故は、一般車両保険で補償されます。

  他の車両との事故
   車同士の事故や原付・二輪との事故の場合。当て逃げは相手車両・運転者が確
   認出来ませんので対象外。
   ※ 一般車両保険、エコノミー、エコノミー+限定A車両保険で補償。

  かばとたらこ(自然災害・盗難・不意の事故など)
   かばとたらこ?・・・ちょっとした業界用語で、補償対象を覚えやすくしたものです。
   「」火災、「」爆発、「盗難、「」台風・高潮、「」落書き・落下物、「」洪水
   ・・・といった具合です。走行中の飛び石によるガラス破損や騒じょうなども補償範
   囲になっています。
   但し、同じような自然災害でも「火山噴火」や「地震に起因する災害(津波なども)」
   は補償対象外
となっていますので注意して下さい(「地震・津波担保特約」を付帯す
   ると補償されますが、特約設定の無い保険会社もあります)。
   ※ 一般車両保険、限定A特約、エコノミー+限定A車両保険で補償。

  車両盗難・車上荒し
   車両盗難や盗難目的での被害(ガラス破損・鍵穴破損など)、車上荒しでの装備品
   (ナビ・TVなど)の盗難被害も補償されます。
   車両盗難による限度額全額補償は、規定日数以内に盗難された車両が発見され
   た場合には保険金は支払われません。車上荒し盗難でも、車に固定されている付
   属品と見なされない物は補償対象外となります(社外ポータブルナビなど)。また、
   タイヤ単体での盗難は対象外となりますが、タイヤ盗難時にボディーへ傷を付けら
   れた場合には支払い対象となるようです。
   ※ 一般車両保険、限定A特約、エコノミー+限定A車両保険で補償。
   ※ 注意 ・・・ 車両盗難や車上荒しによる被害は、保険会社によって見解や補償
            対象範囲が異なる場合がよくあります。上記例の補償対象被害でも
            、保険会社によっては補償されない場合もあります。車両保険へ加
            入される方や、盗難対策目的で保険に加入される場合には、各保
            険会社にて詳細や条件等を必ずご確認下さい。

  車両保険が支払われない条件
   当たり前だと思いますが、麻薬使用や飲酒運転など、法に反する状況での事故は
   車両保険が支払われません。その他、戦争や暴動、車両の故障や欠陥による事
   故・損害の場合にも支払われません。
   車両保険の補償対象・支払い対象となる被害でも、警察への届出は大前提となり
   ます。被害届けや事故証明の無い損害・事故は保険金の支払い対象外となってし
   まいますので、どんなささいな事でも必ず警察へ届出をしておきましょう。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.