車両保険と台風の飛来物被害
     車両保険 アシスト・NET
 HOME > 台風の飛来物でボディに傷が・・・


             台風の飛来物でボディに傷が・・・


   台風は高潮や洪水被害だけではありません。瞬間的に風が強まり、付近にあった
   小石や物が飛んで来る被害もよくあります。

   実際にあったお客様の台風被害なのですが、台風による飛来物で約40万近くの修
   理代・・・という例もあります。バックドアのガラスは割れ、片側サイドの前後のドアガ
   ラスは小石の飛び石による何とも言えない無数のガラス傷。もちろん片側のボディは
   色々な飛来物によって傷だらけの状態でした。

   しかし、このお客様は、幸いな事に「車両保険」に加入されていましたので、修理費
   用は全て保険金でカバー。しかも台風被害は「等級据え置き事故」となりますので、
   翌年の割引等級も下がりません。
   ※ 参考 ・・・ 「車両保険の割引等級について(別窓)

 【注意】
 なお、2012年10月頃から、これら ”等級の据え置き事故” に代わり、保険の新制度 ”1等級ダウン事故” を適用開始とする保険会社も増えてきておりますので、もしそれら制度を適用している保険会社の自動車保険に限っては、、、 それら等級ダウンの取扱いや、また根本的な損得勘定の基準などまでが全く異なってきますので、これら予めご了承願います。

   車両のアクシデントは運転中だけとは限りません。自然災害など予測の出来ない被
   害にも備え、車両保険を考えてみるのも良いかもしれませんね。



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

       
Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.