車両保険 アシスト・NET

 
 HOME > 車両保険の免責金額・免ゼロ特約

     

車両保険の免責金額・免ゼロ特約



 車両保険には「免責金額」という条件があり、契約時に予め設定しておく必要があります
 。この免責金額は、車両事故によって車両保険を使用した場合に、「免責」として自己負
 担する費用となります。

  免責金額は2段階
   免責金額を設定するには、「5−10」「5−7」・・・といった具合に、2段階設定に
   なっています。これは車両保険を使用した場合の1保険期間中1回目と2回目の
   免責金額を表し、設定が「5−10」であれば、免責として1回目が5万円、2回目
   は10万円の自己負担という事になります。
   ※ 1保険期間 = いわゆる現契約上での保険期間。 1年間が一般的。
   ※ 全損扱いの場合には免責金額の適用はありません(自己負担無し)。
   ※ 同じ契約期間中に2回以上の車両事故をされた場合には、2回目以降の車
      両事故から免責金額が増額されることがあります(全損以外の場合)。
   ※ 免責金額(自己負担額)は保険金より差し引かれます。
      例) 修理代50万円、免責金額5万円の場合、差し引き45万円の保険金が
         支払われます。
   ※ 契約者の条件などにより、設定出来ない免責金額もあります。

   上記例は車両事故の回数によって免責金額が増額される「増額方式」ですが、
   「5−5」や「10−10」など免責金額が増額されない「定額方式」もあります。

  免ゼロ特約
   車対車の事故に限り(相手の車両・運転者が分からない場合は不可)、同じ保険
   期間内の1回目の車両事故であれば免責(自己負担)が免除される特約です。
   例) 免責金額「5−10」+免ゼロ特約付帯の場合、契約期間1回目の車対車の
       事故であれば免責(自己負担)が無し! という特約です。
   ※ 車対車が対象ですから、自然災害や盗難などは免責が必要になります。
   ※ 保険会社や契約者条件によっては、車対車以外の事故でも免責ゼロになる
      「オールリスク免ゼロ特約」というものもあります。

  免責金額の設定によって保険料が変わる
   免責金額や「免ゼロ特約」など、設定した免責金額によって保険料は変わります。
   免責金額を少なく設定すれば保険料は高くなり、免責金額を高く設定すれば保険
   料が安くなります

   ※ 例えば、免責金額が「0−5」よりも、「5−10」の設定の方が保険料が安くなる
      という事です。

   



              車両保険 アシスト・NET (HOMEへ戻る)

      
  Copyright(c)2007 車両保険 アシスト・NET All Rights Reserved.